給料が安くてもいいから精神的に楽な仕事

清掃員(クリーニング)

清掃員(クリーニング)とは?

清掃員とは、その名の通りオフィスビルや商業施設や工場などの「床」「階段」「手すり」などを清掃したり、トイレを清掃したり、ゴミを回収したりする仕事です。

 

清掃員はルーチンワーク?

清掃員の仕事は、特殊清掃など「イレギュラー」な清掃が発生するときもありますが、それ以外は基本に清掃をする場所は個々で決まっていますので、ほとんどの場合が毎日が「ルーティン(ルーチン)ワーク」(固定)の仕事です。

 

仕事の場所は決まっていますので、毎日やることは基本的に同じです。その決まった場所の清掃をするのにどう時間をやりくりするか?それが問題で、清掃員は仕事がキツイとか体力がもたないとかよりもその辺の時間のやりくりがまずは問題になるかと思います。

 

また、清掃ですのでその名の通り汚い物を見たり触ったりするのが仕事です。そう言った汚いことに我慢できるか?できないか?も清掃員をやる上で重要になるかと思います。

 

清掃員はクセのある人が多い?

また、現場によっては責任者や社員にクセのある人が多く、仕事がキツイとか厳しいとかで辞めるよりも「人間関係」が嫌で辞めることが多いのも清掃員の特徴だと思います。その人間関係については「現場次第」と言うことになり良い現場に配属されるかは「運」次第になるかと思います。

 

慣れれば毎日やる仕事は基本的に同じことの繰り返しになりますので楽だと思いますが、一番の問題は上記にも書きましたが「人間関係」それと「給料が安い」ことだと思います。

 

清掃員の給料

清掃員の給料は、基本的に安いのがデフォ(当たり前)で、独り身なら安い給料なりに生活はできると思いますが、結婚をする又は結婚をしているとかになると、給料的にかなり厳しいと思います。その辺を我慢できるか?できないか?も清掃員をやる上で重要になってくるかと思います。

 

とにかく、清掃員は大手の正社員でもない限り、給料が安いのが当然とか当たり前と思っておけば間違いないと思います。

 

清掃員のメリット・デメリット

上記にも書きましたが、清掃員のメリットは「仕事の内容が基本的に毎日同じ」「頭脳労働が少ない」「自分のペースで仕事ができる」などが上げられると思います。またデメリットとしては「給料が安い」「クセのある人が多い」「社会的信用度が低い」などが上げられると思います。

 

上記に書いた「メリット」「デメリット」を加味して清掃員の仕事をやるやらないを決めることが重要だと思います。

 

[スポンサーリンク]

人気ブログランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク