給料が安くてもいいから精神的に楽な仕事

治験バイト

治験とは?

治験とは、国から薬として承認を受けるために行う「臨床試験」のことを言います。 治験は、新しく開発された薬の人(人体)での有効性(効き目)や安全性(副作用)などを確認する作業です。治験で得られたデータを国が審査し、病気の治療に必要で、かつ安全に使っていけると承認されたものが薬となります。

 

簡単に説明すると、人での有効性や安全性について調べる試験を一般に「臨床試験」と呼び、厚生労働省から「薬」として承認を受けるために行う臨床試験のことを「治験」と呼びます。

 

治験バイトの申し込み方法

治験バイトの申し込み方法は、基本的にネットから申し込みます。(電話などで申し込みをする場合もあります。)

 

まずは、治験バイトを募集しているサイトに名前や住所などを登録します。そこから自分にあったやってみたいと思う治験バイトを探して申し込みを行います。あとは申し込みをしたサイトからの連絡を待つだけです。

 

ちなみに、治験バイトに申し込みを行っても不採用(不合格)になる場合も多く、治験バイトの仕事は、アルバイトとは言っても人気のある仕事の1つになります。

 

治験バイトの収入は?

治験バイトの収入は、アルバイトとしては一般的に「高収入」と言われます。それは仕事内容が短期のものが多く「継続的」に仕事をすることが難しいからです。また少なからず人体に関わる仕事で万が一のときがあるからです。

 

収入例
・通院の場合1回「7,000円〜10,000円」
・入院の場合1日「10,000円〜20,000円」

 

この金額はあくまでも目安です。これより安い治験バイトもあれば高い治験バイトもあります。特にやることもなくこれだけの報酬を得れるますので、治験バイトは「楽な仕事」と言っても過言ではないと思います。

 

治験バイトの仕事内容は?

治験バイトが、仕事(アルバイト)とは言っても、通院の場合も入院の場合も、特にやることはなく言葉悪いですが「ぼーっとしていれば終わる仕事」です。その仕事内容は、定期的に血圧を計ったり、薬を飲んだり、注射をしたりで、それ以外に特にやることはありません。

 

ただし、治験バイトには、基本的に制約があることが多く、例えば、食事制限だったり、睡眠制限だったり、性的制約があったりなど、治験中はいろいろな制約を受けることとなります。(制約がない場合もあります。)

 

最後に

治験バイトの仕事に関しては、上記にも書きましたが、メリットとしては、アルバイトとしては収入が比較的に高い、仕事は特にやることがない(仕事が楽)、デメリットとしては、継続的な仕事はなく短期で終了してしまうことです。

 

ですので、治験バイトは、あくまでも求職中などの「つなぎ」でやるもので、基本的に本業にはできないと思います。

 

[スポンサーリンク]

人気ブログランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク