給料が安くてもいいから精神的に楽な仕事

団体職員

団体職員とは

団体職員とは、営利団体(株式会社等)と国家公務員、地方公務員などの公務員を除いた非営利組織のことを差していいます。

 

いわゆる「社団法人」とか「財団法人」などというところです。もしくは「NPO法人」などといわれているところです。

 

また「〇〇協会」とか「〇〇会」とか「〇〇連合」などといわれるところも団体職員に含まれます。

 

そして、仕事内容については、団体により多種多様となっています。

 

なぜ団体職員が楽なのか?

なぜ、団体職員が楽なのか?それは「営利」を目的としなからです。

 

一般的な会社は、会社として利益を生み出すことで、その利益の中から社員に給与が支払われます。

 

しかし、団体職員は、国からの補助だったり、一般企業や個人からの支援や寄付などで成り立っているため営利を目的としません。

 

そのため、通常の会社とは違いノルマなどは発生せず、基本的に採算度外視で、自分のペース仕事ができるので楽だということです。

 

団体職員になるためには?

団体職員の正社員になるためには、基本的に公務員と同じ様な「試験」を受けなければなりません。

 

また、公務員と同様に人気があるため、新卒でも入社が難しいところに中途採用となると、さらに入社することが難しくなります。

 

ただし、試験がない面接のみの団体職員もありますので、その点については、各団体次第といったところになると思います。

 

そこで、団体職員に正社員として入社するには、一般的に「難しい」といわれています。

 

仕事内容など

団体職員の仕事内容については、電話対応やデスクワークなどの「事務系」の仕事が多いようです。

 

事務系の仕事といえば、楽な仕事の典型だと思います。ただし、楽と引き換えに、給与が低いというのがデメリットになると思います。

 

また、団体職員は、その団体が潰れない限りは、基本的にリストラはなくノルマや残業もありませんので、その点はメリットになると思います。

 

ですので、給与より楽な仕事を目指しているという人は、団体職員の仕事はオススメだと思います。

 

給与などについて

団体職員に正社員として入社するには難しいく、そのため楽に仕事を得るには、バイトやパートなどで入社するしかないのが現状です。

 

そのバイトやパートとなると、給与が低いところに営利団体ですので、さらに給与が低くなるというのが一般的です。

 

そして、給与については、正社員は年収300〜500万前後、バイトやパートなどは、時給1000円前後となっているようです。

 

[スポンサーリンク]

人気ブログランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク