給料が安くてもいいから精神的に楽な仕事

派遣で工場に勤める

派遣の仕事とは?

まず、派遣の仕事とは?派遣会社からその会社が契約している会社に派遣され、その派遣先で働いた対価として給料を受け取るシステムとなっている仕事です。

 

派遣の仕事は、日雇い派遣(派遣先が固定されてたり、日によって派遣先が変わるランダムな仕事)と常用派遣(1週間とか1ヵ月とか1年とかその派遣先で継続的に働くシステム)の2種類があります。

 

日雇い派遣か?常用派遣か?

日雇い派遣か?常用派遣か?どちらの仕事が楽なのか?それは仕事内容だったり人間関係だったりが絡んできますので、どちらの派遣が良いとか楽とか言うことは、ここでは一概には言えません。

 

また、日雇いのように日によって働く場所が違った方が新鮮味があって働きやすいとか、常用派遣のように継続的に働く方が仕事が固定されていて楽だと言う人もいますので、その点でも良い悪いの判断は、ここでは一概に言えません。

 

派遣の仕事内容

派遣の仕事は、基本的に言われたことだけをただやる仕事(雑用)ですので、仕事内容が単調で、その単調な仕事に我慢ができれば決して難しいものではないのが一般的です。

 

また、派遣労働者と派遣先の社員とではある程度の「壁」があり、仕事以外では深く関わらないというのが一般的で、人間関係で深く関わりたくないと言う人には向いていると思います。

 

派遣の仕事で重要なのは?

派遣の仕事で一番重要なのは、派遣される会社の仕事内容や人間関係で、それが良好なものならば、派遣の仕事はある意味「天国」だと思いますが、逆に仕事内容も人間関係も悪いものならば「地獄」に落とされたかのようにダメージは大きいものになるとか思います。とにかく、派遣の仕事は当たり外れの多い仕事だと思います。

 

ただし、派遣の仕事にもメリットがあり、自分に合わない派遣先であった場合には、派遣元の会社に連絡して派遣先を変えてもらったり、場合によっては即辞めすることも可能だと思いますので、その点については派遣の仕事のメリットだと思います。

 

最後に

結論としては、同じ現場で長く勤めたくない、社員のような重い責任を持ちたくない、派遣された工場が合わないときはすぐに変えて欲しい又は辞めたい、人間関係は希薄が良い、基本的に単調な仕事が好きというような人は、派遣での工場の仕事は向いていると思います。

 

ただし、派遣の仕事は、その仕事の内容にもよりますが、基本的に給料が安く長期雇用でないため、給料&雇用が不安定な形で働き続けなければなりません。

 

[スポンサーリンク]

人気ブログランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク