給料が安くてもいいから精神的に楽な仕事

本屋(書店)

本屋の仕事内容

本屋(書店)の仕事内容は、まず納品された雑誌や書籍を確認して、開店前に開梱して陳列します。

 

そして開店後は、レジ打ちなどの接客などを行ない、それ以外では、書棚の整理や電話の対応などの仕事もあります。

 

そのどれもが、特別難しい仕事というわけではないと思いますので、初心者の方でも比較的すぐに覚えられる仕事になると思います。

 

必要なスキルについて

上記にも書いたように、仕事の内容としては、特別難しいということはないと思います。

 

ですので、初心者の方でも比較的すぐにできる仕事内容で、仕事の特別なスキルなどは必要ないと思います。

 

ただし、本を扱う仕事になりますので、本についていろいろ詳しい方が、何かと良いと思います。

 

勤務時間について

本屋は、朝10時から夜21時前後まで開いている店が多いですので、その時間内が勤務時間になります。

 

そして、勤務シフトは2交代制か、もしくは3交代制になっているそうで、朝から出勤した場合には、17時か18時に仕事が終わります。

 

また、午後から出勤の場合には、閉店まで仕事をするといった感じになるとのことです。

 

体力的なことについて

本屋での仕事は、基本的に立ち仕事になりますので、体力的に大変だということはないですが、ある程度の体力は必要になるようです。

 

またときには、何十冊も本を運んだり、本が入ったダンボールを運んだりすることもありますので・・・

 

そういったことでも、体力的に大変だということはないと思いますが、ある程度の体力は必要になると思います。

 

給与や待遇などについて

給与としては、勤める地域などにもよると思いますが、アルバイトの場合には、時給900円前後

 

正社員の場合には、月20万前後とのことで、他の仕事と比べると待遇的に恵まれているということはなさそうです。

 

ただし、仕事としては比較的楽な仕事で、精神的にも楽な仕事だとのことで、給与が安い代わりに、精神的に楽な仕事になると思います。

 

[スポンサーリンク]

人気ブログランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク