給料が安くてもいいから精神的に楽な仕事

警備員(施設警備員)

警備員とは?

警備員とは、顧客の財産及び生命身体を警備する仕事です。

 

具体的には、現場において、事故や防犯、犯罪抑止、施設警備、貴重品輸送、身辺警備などの仕事を行う職員の総称を「警備員」と言います。

 

そして、警備員にはさまざまな種類があり具体的には・・・

 

1号警備(施設警備)ビルや商業施設など施設内警備
2号警備(交通・雑踏警備)工事現場やイベントなどの交通整理
3号警備(輸送警備)現金輸送車の警備
4号警備(身辺警備)依頼者の身辺の警備

 

警備員になるためには?

警備員になるためには欠格事由があり、例えば18歳未満、禁治産者、禁固刑から5年を経過していない、暴力団、アルコールなどの中毒者、心身障害などのある方は警備員になれません。

 

また、刺青や借金などは面接の際に聞かれることが多くそれだけで不採用になることも少なくありません。

 

自分は、警備員をすることができるのか?自分は、欠格事由にあてはまらないか?そのことを警備員の面接などを受ける前に、事前に調べておく必要があると思います。

 

警備員のメリット

警備員で働くメリットは、高齢でも採用されやすい、慢性的な人手不足で採用されやすい、頭脳労働が少なく比較的単純労働などがありあす。

 

また、現場によりアタリハズレがありますが、楽な現場に配属されると大変とは無縁の世界で働くことができます。

 

人間関係や仕事内容は、会社よりも「現場」によるところが大きく、アタリ現場に配属されれば、人間関係も仕事も特に苦労せず仕事に取り組めると思います。

 

警備員のデメリット

警備員のデメリットは、とにかく給料が安い、事故や事件などに巻き込まれる可能性がある、変則勤務が多いなどがあると思います。

 

警備員は、高齢でも比較的採用されやすい職業ですので、そのためか高齢の方が多く、その高齢の方と上手く付き合って行けるかが仕事をする上で鍵になると思います。

 

また、ハズレ現場に配属されてしまうと、人間関係も仕事も複雑になりますので注意が必要だと思います。

 

ただし、注意が必要だとは言っても、現場が指定されている求人以外は、どこに配属されるかは「運」によるところが大きいと思います。

 

おすすめの警備員現場

おすすめの現場は「中規模程度の現場」です。

 

小さいな現場は、基本的に全て1人でやりますので、1人だと気楽な面もありますが、それだけ仕事は大変です。

 

逆に、大きな現場だと、今度はやることがたくさんあり人もたくさんいますので、仕事も人間関係も複雑になりやすく大変になると思います。

 

[スポンサーリンク]

人気ブログランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク