給料が安くてもいいから精神的に楽な仕事

ネットカフェ(漫画喫茶)

ネットカフェ(漫画喫茶)とは

ネットカフェ(漫画喫茶)とは、有料でインターネットにアクセスできるパソコンを利用できる施設のことです。また、漫画を多数揃えた喫茶店のことです。そこから発展した漫画の閲覧などの娯楽サービスを有料で提供する施設にことを言います。

 

ネットカフェの仕事内容

ネットカフェの仕事内容は「お客様の受付」「退室時間の管理」「店内の清掃」「フリードリンクの補充」「本棚の整理」などです。ですので、仕事内容で特に難しいことはないと思います。

 

また、大きな荷物を持つわけではなく、店内を走り回ることもないので、体力的にはとても楽な仕事と言って良いかと思います。

 

ネットカフェの仕事の実状(インタビュー)

実際に、ネットカフェで仕事をしている人の意見としては「ネットカフェの仕事はめちゃくちゃ楽ですね。」「夜勤をしているのですが、勤務中はほとんど漫画を読んでいます。」とのこと。また、別の人では「まぁ、仕事自体は、特にやる事は少ないし、暇っちゃ暇だよね。」と言う。

 

そんなネットカフェの仕事の狙い目は?

大手だとマニュアルがしっかりしていて融通が効かないのでお勧めしません。客席は「40席以下」で、できれば「個人経営」が狙い目とのことです。また、オープニングスタッフを狙うと良いとのことです。

 

オープニングスタッフのメリットは、先輩がいないこで変に気を使わなくて良いので、コミュニケーションが苦手な人はオープニングスタッフが良いとのことです。また、後から入ってきた人に先輩面できるのもメリットで、後輩にシフトの融通が効くようになるメリットもあるとのことです。

 

ネットカフェの仕事で嫌なところ

ネットカフェのお客さんには、言葉悪いですが気持ちが悪い人も多く、その対応が一番大変だと言われます。また、ネットカフェで毎晩過ごしているような人もいて、そのような人は、性格的な問題や体臭がキツかったりで対応が大変だと言われます。

 

また、仕事の楽しさと言うことで言えば、居酒屋の仕事みたいな「和気藹々」(わきあいあい)みたいなのがありませんので、そのような楽しさは基本的になく、仕事的には詰まらないと言われています。

 

最後に

給料的には、安いなりにも平均的な給料だと思いますので、仕事の楽さ考えると当たり外れの職場はあれど楽を求められる仕事かと思います。ただし、ネットカフェの仕事は、スキルも付かなければ、若い人が比較的に多いと思いますので、40代以上の方には不向きな仕事なのかと思います。

 

[スポンサーリンク]

人気ブログランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク