給料が安くてもいいから精神的に楽な仕事

新聞配達

新聞配達とは

新聞配達とは、新聞をポストなど購読者指定の場所へ投函する作業のことです。配達方法は、基本的に自転車かオートバイで行います。

 

新聞配達の内容は、配達、集金、営業、区域管理、補助業務などに大別されますが、一般的に新聞配達と呼ぶ場合「配達のみ」のことを指します。

 

また、販売店によっては、ダイレクトメールなどの宅配業務を請け負っている所もあります。

 

新聞配達のタイムスケジュール

02:00 起床
03:00 朝刊到着 
03:30 配達開始
05:30 配達終了
13:00 次の日のチラシの準備など
14:30 夕刊到着
15:00 配達開始
17:00 配達終了

 

※その他、空いた時間に営業や集金などの仕事を行います。

 

新聞配達の給料

新聞配達の給料は、主に配達業務が固定給となり集金と営業は手当や歩合給として支給されるのが一般的です。

 

これは正社員の場合で、アルバイトなどの場合には、基本的に配達のみとなりますので、配達する部数により給料が支払われることになります。

 

営業は、契約継続と新規獲得が主な仕事ですが、いずれもの場合も歩合給が発生し、頑張れば高収入を狙うことも可能です。

 

新聞配達のメリット・デメリット

新聞配達のメリットは、適度な運動になる、自分のペースで仕事が出来るなどがあります。

 

デメリットとしては、起床が早い、休みが少ない、雨・雪・台風などだと仕事が大変になる、配達だけではお金にならないなどがあります。

 

最近では、ネットなどの普及などにより新聞を取る人は減る一方で、新聞配達は、斜陽産業の1つとなっていて、求人数も給料も少なくなる一方だという話しもあります。

 

配達だけでは稼げないため、配達外の時間で集金や営業などの仕事を行うが一般的で、労働時間を考えると一般企業より基本的に長くなります。

 

最後に

新聞配達は、自分のペースで仕事ができるなどがあり、精神的に楽な仕事の部類に入ると思います。

 

また、新聞の配達は、体力的に大変そうなイメージがあるかもしれませんが慣れの問題で、基本的に誰にでもできる仕事だと思います。

 

ただし、新聞配達は、休みが少なく給料が安いのがデメリットで、そのことで定着率が悪く、その点について我慢できるかどうかが問題になりそうです。

 

[スポンサーリンク]

人気ブログランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク