給料が安くてもいいから精神的に楽な仕事

楽な仕事ランキングベスト5(正社員編)

1位 工場

淡々と流れ作業をする工場は、仕事さえ覚えてしまえば、自分のペースで働く事ができると思います。通常のサラリーマンのように、毎回の会議に出席する必要もなければ、お客様の所へ営業に行く事もありませので楽だと思います。給料については、普通といった感じになると思います。

 

URL:派遣で工場に勤める

 

2位 清掃

比較的求人が多く、資格やノルマのない仕事が清掃です。清掃する場所は、基本的に毎日同じ場所になりますので、仕事さえ覚えてしまえばルーティンワークとなりますので、楽な仕事になると思います。給料については、あまり高くはないと思いますが、1人でコツコツ仕事をしたい!という人には向いていると思います。ただし、正社員の場合には、いろいろな作業をさせられ大変になることも。

 

URL:清掃員(クリーニング)

 

3位 一般事務(事務)

デスクワークとなりますので、比較的楽な部類の仕事になると思います。しかし、仕事柄、面倒な人間関係が多かったり、求人数も少なく、募集が女性のみといった場合が多い仕事です。給料については、普通か少し安い部類に入ると思います。

 

URL:一般事務(事務)

 

4位 警備員(施設警備員)

求人数が多く、高齢者でも可能な仕事、それが警備員になると思います。雑踏(路上)警備などは、大変なイメージがありますが、施設警備は、基本施設内で警備をしますので、それほど難しいということはないと思います。現場によって大変な現場もあります。給料は、比較的安いと思いますので、給料が安くても楽な仕事と考える人には良いかもしれません。

 

URL:警備員(施設警備員)

 

5位 ビルメン(設備管理)

首都圏など都市部では、比較的求人が多く、高齢でも採用されやすい仕事がビルメン(設備管理)になります。資格が必要で、24時間勤務もあり、勉強も仕事も大変になりますが、一般の仕事に比べ楽な仕事といわれています。給料は、仕事の内容に比べ安いですが、明け休みなどがあり、プライベート充実させたいという人には、向いている仕事だと思います。

 

URL:ビルメン(設備管理)

 

最後に

仕事ですので、多かれ少なかれ大変なことになると思います。しかし、どうせ働くなら少しでも楽な仕事がしたいと思う人も多くいると思います。上記の5つの仕事は、ノルマを課せられる営業や体力的に大変などということはないと思いますので「楽な仕事」の部類に入ると思います。

 

仕事は、生活するためには必要で、人生の多くの時間を使うことになりますので、慎重にさらに慎重を重ね、自分に合った仕事を選ぶことが大切だと思います。

 

[スポンサーリンク]

人気ブログランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク