給料が安くてもいいから精神的に楽な仕事

市町村の臨時職員

市長村の臨時職員とは?

その市長村、いわゆる「役所」などに行って、事務的な仕事だったり、受付などの仕事だったり、言葉悪いですが「誰にでもできる仕事=雑用」を期間限定の「臨時」で行うのが、その名の通り「臨時職員」の仕事です。

 

市長村の臨時職員の仕事を探すには?

市町村などの臨時職員は、その市や県のHP(ホームページ)や役所に行くと求人募集がされています。また、場合によってはハローワークなどでも募集されることもあります。

 

市長村の臨時職員の仕事を探すには、定期的に市町村のHPや役所などに行って情報収集するしかありませんで、定期的なチェックが必要になると思います。

 

また、市町村の臨時職員は、基本的に4月と10月に採用になりますが、不定期に採用されることもあります。採用は、試験ではなく履歴書と面接で決まるそうで、仕事の更新は「半年置き」で「最長1年」程度の求人が最も多いそうです。

 

市長村の臨時職員の仕事内容

市長村の臨時職員の仕事内容は、データ入力、書類整理、郵便物の受付や仕分、お客様の受付や案内、清掃などと言った「雑用」が一般的で、年齢に関係なく誰にでもできる仕事内容のようです。それだけ楽な仕事と言えると思います。

 

ただし、正規の職員には1人1台与えられるパソコンですが、臨時社員は与えられません。また、臨時から職員(正社員)に登用されることもありません。また、それ以外も臨時と言うことで、扱いが悪いということもあるそうです。就業する前にそのようなことがあるかもしれない言うことを頭の片隅に入れておいた方が良いと思います。

 

市長村の臨時職員のメリット・デメリット

市長村の臨時職員の仕事のメリットとしては、雑用が多く仕事が楽、基本的に指示された決められたことをやるだけの仕事です。

 

デメリットとしては、臨時職員ですので「長期」で働くことはできずほとんどの求人が1年以下の短期です。また、役所の仕事ですので、給料(時給)がメチャクチャ安いのことだと思います。

 

短期でしか働けませんので、次の仕事のつなぎとか取りあえず仕事が欲しいと言う人には良い仕事かもしれません。

 

[スポンサーリンク]

人気ブログランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク