給料が安くてもいいから精神的に楽な仕事

トラックの運転手

トラックの運転手とは?

トラックの運転手とは?トラックに積荷を乗せ、指定の場所にその積荷を届けるのが仕事です。トラックの運転手は、トラックの運転がメインとなる仕事ですが、場合によっては積荷の上げ下げがありで、体力も必要となる仕事となっています。

 

トラックの運転手のメリット・デメリット

トラックの運転手のメリットは、外に出れば運転で「1人」になれることで、仕事上の人間関係であまり深くなりたくない、誰かと一緒に組んで仕事をしたくない、仕事中に小言を言われたくないなど、1人が好きと言う方には向いているい仕事だと思います。

 

ただし、当たり前ですが「運転免許」がなければ採用はされません。また「ペーパードライバー」いわゆる免許は取ったものの、その後ほとんど又は全く車の運転をしていないなどの人は採用される確率が極端に下がるそうです。

 

トラックの運転手の仕事内容

仕事内容は、その名の通り基本的に「トラックの運転」がメインになりますので、車の運転ができればOKみたいな感じで差ほど難しい仕事でもないそうです。「車の運転が好き!」と言う人には、打って付けの仕事だと思います。

 

ただし、トラックの運転手にも良い悪いがあるそうで・・・

 

トラックの運転手になるなら短距離?長距離?

 

短距離(小型)は、現場と積み込みで何度も往復しなければならず、積み下ろし作業も何度もしなければならずですので、車の運転よりも体力的に辛いこともあるそうです。車の運転よりも積荷に関する仕事が多く、長距離運転手などに比べると給料も安く、運転手としてのメリットはあまりないそうです。

 

長距離(大型)は、運転がメインの仕事となりますが、昼夜問わずの運転となりますので、長期的に見ると基本的に車の運転が好きな人にしか勤まらないそうです。また、睡眠時間が十分に取れないなどで事故率が高く、その割には給料が安く割に合わない仕事になる可能性もあるとのことです。

 

トラックの運転手の狙い目

そんなトラック運転手の中で狙い目なのが「中距離」の運転手だそうで、トラックの運転時間は無駄に長くならず、積み込みの時間や量も無駄に多くなく、給料も長距離より低いですが、短距離よりは高く、中間的な給料で、そこそこがそろっていて、トラックの運転手としては適度な感じで良いそうです。

 

繰り返しになりますが、基本的に1人で仕事をやりたい、難しい仕事はしたくない、体力的に大変な仕事はしたくない、そこそこの給料が欲しいと言う方は、トラック運転手、中でも「中距離」を目指すのが、一番おすすめとのことです。

 

[スポンサーリンク]

人気ブログランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク