清掃員(クリーニング)

スポンサーリンク

清掃員(クリーニング)とは

清掃員(クリーニング)とは、その名の通りになりますが・・・

オフィス、商業施設、工場など、床、階段、手すりなどを清掃する仕事になります。

それ以外にも、トイレを清掃したり、オフィスの机を清掃したり、ゴミを回収したりなどするのも、清掃員の仕事になります。

また、ときには汚物を回収したり、汚物を清掃したりすることもありますので、誰もやりたがらない仕事をするこもあります。

清掃員の仕事について

清掃員の仕事は、特殊清掃などイレギュラーな仕事もありますが・・・

それ以外は、基本的に清掃する場所は毎日決まっていますので、ほとんどの場合がルーチンワークになると思います。

そして、清掃する場所は決まっていますので、やることは同じことの繰り返しになります。

そこで、清掃員の仕事は、体力的に大変なこともありますが、時間のやりくりが問題になる場合もあると思います。

それは、同じ作業の繰り返しになりますので、どう効率良く作業するかなどが、問われる場合もあるということです。

清掃員はクセのある人が多い

また、清掃員の仕事では、責任者や社員などにクセのある人が多く、仕事が大変とか厳しいとかで辞める人よりも・・・

人間関係で辞める人が多いのも、清掃員の仕事の特徴になると思います。

その人間関係については、現場次第ということになり、良い人間関係の現場に配属されるかは、運次第になると思います。

また、清掃員の仕事は慣れれば毎日やる作業は、基本的に同じことの繰り返しになりますので、比較的楽な仕事になると思います。

問題は、上記にも書きましたが「人間関係」と「給与が安い」ことになると思います。

清掃員の給与について

清掃員の給与は、基本的に安いのがデフォ(当たり前)になります。

そこで、独り身なら安い給与なりに生活できると思いますが、既婚者や子供がいるなどになると、給与的に厳しいことがあると思います。

ですので、安い給与を我慢できるかも、清掃員をやる上で重要になると思います。

とにかく、清掃員は大手の正社員でもない限り、給与が安いのが普通ですので、事前に頭に入れておいた方が良いと思います。

給与は、正社員の場合は月20万前後、バイトの場合は時給1000円前後になると思います。

清掃員のメリット・デメリット

清掃員のメリットは、作業が同じことの繰り返しで楽、頭脳労働が少ない、自分のペースで仕事ができるなどがあると思います。

一方、デメリットは、給与が安い、クセがある人が多いなどがあると思います。

そこで、上記に書いたメリット・デメリットなどを考慮して、清掃員の仕事をするしないを決めることが重要になると思います。

就職バイトブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!