データ入力(タイピング)

スポンサーリンク

データ入力とは

データ入力とは、顧客のデータを見ながら、そのデータをPCに入力したり・・・

病院の入院患者のデータを入力したり、商品の受発注データを入力したり、データの種類はさまざまになります。

また、伝票の数字をただひたすら入力するなど、とにかく何かしらのデータを入力する仕事になります。

そして、勤務先によっては電話応対など、仕事に含まれることがあるそうです。

ただし基本的には、データの入力だけをするのが仕事になります。

データ入力のメリット・デメリット

データ入力のメリットは、基本的にPCに向かって作業をしますので、人との関わりが少なくて済むことです。

そこで、黙って作業に没頭したい人には、向いている仕事になると思います。

また、電話応対、接客、お茶くみ、コピー取り、掃除など、基本的に一切しなくて良いこともメリットになると思います。

一方、デメリットは、スキルアップができないことです。

また、職業病ともいえる肩コリ、眼精疲労、頭痛などになる場合があるとのことです。

仕事の難易度について

データ入力は、タイピングができれば、特に難しいことはないそうです。

ですので、データ入力は、楽な仕事の部類に入ると思います。

ただし、タイピングするにも速さや正確さなどが求められることが多く、そのような仕事になりますので・・・

その辺が難しいという人は、キツイ仕事になるかもしれません。

給与について

給与については、働く場所や地域や仕事の内容などによりますが・・・

正社員の職は少なく、バイト(派遣)の場合「時給900~1300円前後」で、給与的には一般的なレベルだと思います。

また、データ入力というと、女性だけの仕事と思われるかもしれません。

しかし、男女に関係なく雇用している。という会社もそれなりにあります。

また、データ入力は正社員が少ないので、身分としては、派遣やバイトになることがほとんどだと思います。

最後に

データ入力は、ほとんどがバイトや派遣ですので、短期で働く場合や軽目に働きたいという人には良いかも知れません。

また、黙って黙々とする仕事になりますので、人により向き不向きがあると思います。

そこで、タイピングが苦にならないとか、黙って作業をすることが苦にならない。

そのような人に、データ入力は向いている仕事だと思います。

就職・バイトブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました