団体職員

スポンサーリンク

団体職員とは

団体職員とは、株式会社などの営利団体、国家公務員や地方公務員などの公務員を除いた「非営利組織」のことをいいます。

いわゆる「社団法人」とか「財団法人」というところになります。

もしくは「NPO法人」などといわれているところになります。

また「〇〇協会」とか「〇〇会」とか「〇〇連合」などといわれるところも、団体職員に含まれています。

そして、仕事内容については、各団体により多種多様となっています。

なぜ団体職員は楽なのか?

なぜ、団体職員が楽なのか、それは「営利」を目的としていなからです。

一般的な会社は利益を生み出すことで、その利益の中から社員に給与が支払われます。

一方、団体職員は国からの補助だったり、一般企業や個人からの支援や寄付などで、成り立っていることで、営利を目的としていません。

そこで、通常の会社とは違い、ノルマなどは発生しません。

また、基本的に採算度外視で、自分のペース仕事ができるので、楽だということです。

団体職員になるには?

団体職員の正社員になるには、基本的に公務員と同じような一般知識など、試験を受けることになります。

また、公務員と同じく人気があるために、新卒でも入社が難しいのが一般的です。

そして、中途採用となると、さらに入社が難しくなります。

ただし、試験がない面接のみの団体職員もありますので、その点については、各団体次第になると思います。

とにかく、団体職員の正社員として入社するには、一般的に難しいといわれています。

仕事の内容など

団体職員の仕事は、電話対応やデスクワークなど、事務系の仕事が多いようです。

そして、事務系の仕事といえば、楽な仕事の典型になると思います。

ただし、楽と引き換えに給与が安いのが、デメリットになると思います。

また、団体職員はその団体が潰れない限りは、基本的にリストラはありません。

さらに、ノルマや残業なども基本的にありませんので、その点はメリットになると思います。

そこで、給与より楽な仕事を目指している人には、オススメの仕事になると思います。

給与などについて

団体職員に、正社員として入社するのは難しいのが現状です。

そこで、団体職員の仕事を得るには、バイトやパートで入社するしかないのが現状です。

そして、バイトやパートとなると、給与が安いところに非営利団体ですので、さらに給与が安くなるのが一般的です。

給与については、正社員は「年収300~500万前後」、バイトやパートは「時給1000円前後」になるようです。

就職・バイトブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

仕事
スポンサーリンク
給与が安くてもいいから精神的に楽な仕事
タイトルとURLをコピーしました