給与が安くてもいいから精神的に楽な仕事とは

スポンサーリンク

はじめに

ブログのタイトルになっている、給与が安くてもいいから精神的に楽な仕事に就きたい。と考えている人は、意外に多くいると思います。

そして、今このブログを読んでいる人は、精神的に楽な仕事に就きたいと思い、このブログを読んでいると思います。

では、なぜ給与が安くてもいいから、精神的に楽な仕事に就きたいのか?

それは、給与が高くても精神的に辛い仕事で、そのことですぐに仕事を辞めてしまっては、元も子もないからです。

また、精神的な負担を軽くして、長く仕事を続けたいと思っているからだと思います。

給与が安くてもいいから精神的に楽な仕事とは①

給与が安くてもいいから精神的に楽な仕事とは、一体どういった仕事になるのか?

それは、安い給与と引き換えに、頭脳労働、無駄な責任、嫌な人間関係、サービス残業など、そのようなこととは、無縁の世界で基本的に働くことです。

そして、基本的に単純労働(ルーティンワーク)で給与を得ることが、給与は安くてもいいから精神的に楽な仕事になると思います。

ただし、頭脳労働や無駄な責任などと無縁といっても、仕事ですの少なからずそういったことに、直面することがあると思います。

しかし、給与は安くてもいいから精神的に楽な仕事を選ぶことで、そういったことから極力避けることができると思います。

給与が安くてもいいから精神的に楽な仕事とは②

また、給与が安い代わりに「ルーティンワーク」(ルーチンワーク)で働くというのが、基本になると思います。

ルーティンワークとは、毎日同じ作業を繰り返す仕事になります。

ルーティンワークは、毎日同じ作業の繰り返しになりますが、それが何も考えずに仕事ができる、精神的に楽な仕事になると思います。

そして、自分の作業以外のことには、極力関わらなくてもいい仕事が、精神的に楽な仕事になると思います。

多くを望まないことが重要

また、精神的に楽な仕事と引き換えに、生活できる給与をもらえれば、仕事の内容や給与などに、多くを望まないことが重要です。

それは、自分がやりたい仕事を選んだり、高い給与などを望むとなると、精神的に楽な仕事を選ぶことが難しくなるからです。

それは「二兎を追う者は一兎をも得ず」ということわざがあるように・・・

精神的に楽な仕事で、自分がやりたい仕事(内容が充実しているなど)で、さらに高い給与の仕事など存在しないからです。

少しでもお役に立てれば幸いです。

では、給与は安くてもいいから、精神的に楽な仕事で働きたいと思ったときに、実際どのような仕事を選べば良いのか悩む人もいると思います。

また、どのような仕事を選べば、無駄な責任や嫌な人間関係などがない仕事になるのか・・・

そういった仕事を調べて、私の体験談なども織り交ぜて、仕事の内容や給与のことなどを紹介しているのが、このブログになります。

そして、このブログが精神的に楽な仕事に就きたいと考えてる人に、少しでもお役に立てれば幸いだと思っています。

注意事項など

このブログでは、私が実際に就いたことがない仕事についても書いています。

ですので、的外れな内容を書いていることがあるかもしれませんが、その辺は暖かく見守って頂けると幸いです。

また、誤字や脱字などで読みにくい部分もあると思いますが、そういったことなども考慮して頂ければと思います。

最後に、上記の繰り返しになりますが、精神的に楽な仕事に就きたいと考えている人に、このブログが少しでもお役に立てば幸いだと思っています。

就職バイトブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!