ネットカフェ(漫画喫茶)

スポンサーリンク

ネットカフェの仕事について

ネットカフェの仕事は、客の受付、客の入退管理、店内の清掃などになります。

また、フリードリンクの補充、本棚の整理、客からのクレーム対応などになります。

そこで、仕事の内容で難しいということは、特にないと思います。

また、大きな荷物を持つわけではなく、店内を走り回ることもないので、体力的に楽な仕事といって良いかと思います。

ネットカフェの仕事の実状(インタビュー)

実際に、ネットカフェで仕事をしている人の意見としては・・・

・ネットカフェの仕事はめちゃくちゃ楽ですね。

・夜勤をしているのですが、勤務中はほとんど漫画を読んでいます。

そのような意見だったとのことです。

また、別の人のインタビューでは・・・

・仕事自体は、特にやる事が少ないので、暇といえば暇です。

との意見もあったようです。

ネットカフェの仕事の狙い目

ネットカフェで働くなら、狙い目があるそうです。

それは、大手はマニュアルがしっかりしていますが、融通が効かないことも多いので、オススメしないとのことです。

オススメは、客席が「40席以下」で、できれば「個人経営」のネットカフェが、狙い目とのことです。

また、オープニングスタッフを狙うと良いとのことです。

それは、先輩がいないこで変に気を使わなくて良いので、オープニングスタッフが良いとのことです。

ネットカフェの仕事で嫌なところ

ネットカフェの客には、言葉悪いですが気持ちが悪い人もいて、その対応が一番大変だといいます。

気持ちが悪いとは、身だしなみが汚かったり、言葉遣いが汚かったりなど、そういった客もいるそうです。

また、ネットカフェで毎日寝泊まりする人もいて、そういった人は、性格的な問題や体臭がキツかったりで、対応が大変になるこもあるそうです。

そして、仕事は居酒屋のような「和気藹々」(わきあいあい)みたいなことはなく・・・

そのような楽しさは基本的になく、仕事は内容的に詰まらないといいます。

最後に(給与など)

上記から、同僚と関わりが薄い方が良いという人は、良い職場かもしれません。

給与については、仕事をする店舗や地域などによりますが、バイトで「時給1000円以上」は固いとのことです。

それは、平均的な給与だと思いますので、仕事の内容を考えると良いと思います。

また、ネットカフェの仕事は当たり外れがあり、楽なところはそれなりに楽ですが、大変な職場もあるそうです。

そして、働いている人は、比較的若い人が多いと思いますので、40代以上の人には、不向きなのかなと思います。

就職・バイトブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました