新聞配達

スポンサーリンク

新聞配達とは

新聞配達とは、新聞をポストなど購読者指定の場所へ投函する作業のことです。

そして、新聞配達方法は基本的に、徒歩(走る)、自転車、オートバイなどで行います。

新聞配達の内容は、配達、集金、営業、区域管理、補助業務などに、大別されますが・・・

一般的に新聞配達と呼ぶ場合は「配達のみ」のことを差していいます。

また、販売店によっては、ダイレクトメールなどの宅配業務を請け負っている所もあります。

新聞配達のタイムスケジュール

02:00 起床
03:00 朝刊到着
03:30 配達開始
05:30 配達終了
13:00 次の日のチラシの準備など
14:30 夕刊到着
15:00 配達開始
17:00 配達終了

※その他、空いた時間に営業や集金などの仕事を行います。

新聞配達の給与

新聞配達の給与は、主に配達業務が固定給になり、集金や営業などは、手当や歩合給として支給されるのが一般的です。

これは正社員の場合で、アルバイトなどの場合は、基本的に配達のみになります。

ですので、アルバイトの場合は配達する部数により、給与が支払われることになります。

営業は、契約継続と新規獲得が主な仕事ですが、いずれもの場合も歩合給が発生し、頑張れば高収入を狙うことも可能です。

新聞配達のメリット・デメリット①

新聞配達のメリットは、配る部数の多い少ないにもよりますが、適度な運動になったり、自分のペースで仕事が出来るなどがあります。

そして、適度な運動になりますので、健康に気を使う人などには良いと思います。

デメリットは、起床が早い、休みが少ない、大雨・雪・台風などになると、途端に仕事が大変になる。

また、配達だけをしていては、給与としては安いなどがあります。

さらに、最近はネットの普及により、新聞を取る人は減る一方ですので・・・

新聞配達のメリット・デメリット②

新聞配達は、斜陽産業の一つだといわれていて、これからは、求人数も給与も少なくなる一方になると思います。

また、配達だけではそれほど稼げないので、配達外の時間で集金や営業などをするのが、一般的だと思います。

そういったことを考えると、労働時間は一般企業よりも長くなると思います。

しかし、配達のことだけを考えると、仕事の内容としては簡単ですので、そういった点はメリットになると思います。

最後に

新聞配達は、自分のペースで仕事ができるなどがあり、精神的に楽な仕事になると思います。

また、新聞の配達は、体力的に大変そうなイメージがあるかもしれませんが、それは慣れの問題で、基本的に誰にでもできる仕事だと思います。

ただし、新聞配達は休みが少なく、給与が安いなどのデメリットもありますので・・・

そのことで、定着率が悪いなどがありますので、そういった点などについて、我慢できるかが問題になると思います。

就職バイトブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

仕事
スポンサーリンク
給与が安くてもいいから精神的に楽な仕事