セルフスタンド(ガソリンスタンド)

スポンサーリンク

セルフスタンドとは

セルフスタンドとは、少しでもガソリン代を安く抑えたい。

そのような人のために作られた、セルフ(自分)で行うガソリンスタンドになります。

そのセルフの名の通り、給油からガソリン代の支払いまで、全て自分で行なうガソリンスタンドになります。

そして、全て自分で行ないますので、人件費が浮くことになり、その分ガソリン代が安くなることがメリットになります。

セルフスタンドは待機が仕事

セルフスタンドは、スタンドにもよりますが、客が全て自分でセルフで行ないます。

そこで、従業員は基本的に、やることがそれほどありません。

そこで従業員は、何かあったときのために、待機するのが仕事だともいわれています。

それが、セルフスタンドの仕事が楽な理由になります。

そこで、やることがないのになぜ従業員がいるのか、理由を下記に書きたいと思います。

従業員がいる理由

セルフスタンドの仕事内容について

・初めての客への使い方の指導
・給油や支払いの監視
・機械が故障したときの対応
・機械やスタンド内の清掃
・洗車、オイル交換、タイヤ交換など

上記のような仕事をやるために、従業員がいます。

そして、オイル交換やタイヤ交換などは、技術的なものがあり大変かもしれません。

しかし、それ以外の仕事については、特に問題なく誰にでもできるそうです。

資格について

ガソリンを扱うには「危険物取扱者乙種第4類」(危険物乙4)が必要になります。

また、客の車に何かあった場合に、その車を運転する場合もありますので、自動車の運転免許が必要になります。

ですので、仕事は楽かもしれませんが、危険物や運転免許の資格を持ってない人は、採用されにくいそうです。

特に自動車の運転ができない人は、採用されることは、ほぼないとのことです。

深夜(夜勤)のセルフスタンドがおすすめ

深夜は、客が少なくなりやることが少ないため、楽な仕事がしたいと思ってる人には、おすすめだそうです。

ただし、深夜だと変な客が来たり、暴走族が来たり、働く場所によっては、治安が悪くなるそうなので、注意が必要とのことです。

最後に、給与については、正社員以外は時給になり、住んでいる地域にもよりますが・・・

日勤は「時給1000円前後」、夜勤(深夜)は「時給1200円前後」になるようです。

就職バイトブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!