市区町村の臨時職員

スポンサーリンク

市区長村の臨時職員とは

市区長村の臨時職員とは、役所などで事務的な仕事や受付の仕事など、職員の補助的な仕事のことになります。

臨時職員の仕事の多くは「雑用係」のような感じになると思います。

そして、臨時の職員になりますので、雇用期間は半年とか一年など、基本的に「期間限定」の仕事になります。

それは、その名の通り臨時の職員ということになります。

仕事を探す方法

市区町村の臨時職員の仕事を探す方法は、仕事を探している市や区などのHP(ホームページ)で探すことができます。

また、役所で求人が直接募集(張り紙など)されていることや、ハローワークで募集されることもあります。

そこで、仕事を探すには定期的に市区町村のHPを見るか、役所などに行って情報収集する必要があると思います。

また、市区町村の臨時職員は、基本的に4月と10月に採用されることが多いですが、月に関係なく不定期で募集されることもあります。

採用は、試験ではなく履歴書と面接で決まるそうで、仕事の更新は「半年更新」か「最長一年」の求人が多いそうです。

仕事の内容など

仕事の内容は、データ入力、書類整理、郵便物の受付や仕分、お客様の受付や案内、館内の清掃など、雑用が一般的になります。

そこで、年齢に関係なく誰でもできる仕事の内容だそうで、市区町村の臨時職員の仕事は、精神的に楽な仕事になると思います。

また、臨時職員から正規の職員に採用されることは、まずありません。

さらに、臨時職員ということで、扱いが悪い場合もあるそうですので、そのことを頭の片隅に入れておいた方が良いと思います。

メリット・デメリットなど

市区町村の臨時職員のメリットは、雑用が多く仕事は比較的楽で、指示されたことや決められたことをやるだけになります。

そういった点で、精神的に楽な仕事になると思います。

また、デメリットは、臨時職員ですので長期で働くことはできず、ほとんど場合が「一年以下の短期雇用」になります。

さらに、給与が安いことが多く時給としては、首都圏だと「1000円前後」になるようで、地方だとさらに安くなるとのことです。

基本的に、一年以内の短期雇用ですので、次の仕事のつなぎなど、取りあえず仕事がしたいという人には良いかもしれません。

就職バイトブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

仕事
スポンサーリンク
給与が安くてもいいから精神的に楽な仕事