倉庫管理・倉庫作業

スポンサーリンク

倉庫管理・倉庫作業とは

倉庫管理・倉庫作業とは、その名の通り倉庫の中の商品を管理したり、倉庫の中で作業したりする仕事になります。

とにかく、倉庫に絡む何らかしらの仕事をするということです。

そして、倉庫管理とか倉庫作業といわれている仕事内容は、倉庫にある商品を右から左に動かすのが仕事になります。

また、倉庫にある商品を検品したり、商品の破損を調べたりするのが仕事になります。

基本的にルーチンワークです。

倉庫管理・倉庫作業の仕事は、基本的にルーチン(ルーティン)ワークが多く、給与は安いけど精神的に楽な仕事になると思います。

また、動かす商品は、重量が軽いものから重いものまで、いろいろありますので・・・

重量が重い商品の場合は、腰を痛めるなどの場合もありますので、体力的に注意が必要になると思います。

そこで、事前にどのような商品を扱うのか、面接などで聞いておく必要があると思います。

勤務地や人間関係など

働く職場については、工場地帯などが多く、そのような場所の近くに住んでいる人は、通勤するのに良いと思います。

しかし、多くの場合は勤務地が遠くなるのがネックで、工場地帯など職場の近くに住んでいる人は、狙い目になると思います。

また、人間関係については、現場上がりだったり、工場から流れてきた人など、そのような人が多いのが特徴で・・・

気性の荒い人がいる場合もありますので、人間関係で注意が必要になると思います。

給与としては、地方は「時給1000円前後」で、首都圏は「時給1200円前後」になっているようです。

フォークリフトの免許があると有利

倉庫の荷物を動かすのに「フォークリフト」を使う場合が多々あり、その場合は、フォークリフトの免許が必要になります。

倉庫関係の仕事は、絶対ではありませんが、フォークリフトの免許が必要だと考えておく方が良いと思います。

そこで、フォークリフトの運転ができると採用されやすく、仕事の幅も広がります。

また、倉庫関係の仕事は、フォークリフトの免許があれば50代など、高齢でも採用される可能性がある仕事になると思います。

ただし、フォークリフト必至の仕事の場合は・・・

フォークリフトの免許があるだけで、いわゆる「ペーパードライバー」で、フォークリフトの運転ができないとなると、採用は厳しいとのことです。

倉庫管理・倉庫作業のメリット・デメリット

倉庫管理・倉庫作業のメリットは・・・

仕事がルーチンワーク(同じ作業の繰り返し)で、フォークリフトの運転を身に付けられる。などがあると思います。

一方、デメリットは、基本的に同じ作業の繰り返しになりますので、単調な作業ができない人は厳しいと思います。

また、働く職場によっては、人間関係だったり体力的に大変なこともありますので、注意が必要になると思います。

就職バイトブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

仕事
スポンサーリンク
給与が安くてもいいから精神的に楽な仕事